兄弟姉妹のいる学校は合格しやすいのか? | まなびや

兄弟姉妹のいる学校は合格しやすいのか?

2016-07-29   2016-08-01

まなびやでは、フルサポートプランにご入会頂いたお客様を対象に、【お母様相談室】というサービスを行っております。

相談室に寄せられた多くのご質問の中から、抜粋して皆様にもお話したいと思います。

「兄弟姉妹が通っている方の方が有利か?」

実際のところ、有利なのではないかと思います。私は子供が2人おり、それぞれが私立小学校に通っておりますが、クラスの三分の一ないし、四分の一ぐらいは、兄弟姉妹がいらっしゃる方という状況だからです。

私立小学校は、家庭環境や家庭の教育方針が学校と合致しているかどうかという点を大切にしますので、「教育において兄弟は同じ環境で教育すべき」との考えは少なからずともあるのではないかと思います。

ですが、兄は合格基準に達していたとしても弟が同じように基準をクリアできるとは限りませんよね。あくまでもボーダーラインにいた場合に引き上げて下さる程度ではないかと思います。

兄や姉が在校生の場合は皆さま、お母様やお父様が率先して学校の役員や、学校での様々な活動において協力されている姿が見られます。

それは学校への更なる理解にもつながりますし、学校をもっと知りたいという姿勢の表れとみてもらう事ができるのではないでしょうか。
その様な意味合いからも、学校側に対してアピールする場が在校生にはあると私は思います。
逆に兄姉があまりにも問題を抱えた児童であったり、お父様やお母様が何かと学校や父兄間でトラブルがある場合には、下のお子様が優秀であっても、合格が頂けない場合もあるのではないかと思います。

ですから、弟や妹が同じ学校を受ける場合には、

・ご両親が学校への理解を深められるような協力・努力をすること
・在校されているお子様もご両親もトラブルをおこさない
・下のお子様を合格基準にまでもっていく

ことが大切です。
ですから、兄姉がいらっしゃらない方もその程度の考慮なのだと考えれば良いのではないかと思います。

検索

最近の投稿

月額サービスは各種パソコン、スマートフォン、タブレットよりご利用になれます。

パソコンでもご利用できます。

タブレットでもご利用できます。

スマホでもご利用できます。