子供が苦手な問題を理解させるには? | まなびや

子供が苦手な問題を理解させるには?

2016-07-08   2016-08-01

お子様が理解できない問題があった時、お母様はどうされていますか?

子供が自ら答えを出せる様に、ヒントをだして正解に導いていますか?

例えばお子様が自力で解くことが出来た類似問題をもう一度解かせてみて、「これができるなら・・じゃあこっちは?同じ考え方でしょ?」と。

お母様ならわかる、大人ならここまでヒントを出したら、もう分かるはずというヒントを出してもお子様が分からなかった時にイライラした経験はありませんか?
ですが大人でもヒントをだしてもらってピンとくる問題と、そうではない問題がありますよね。言うなれば手品がどんな仕掛けになっているのか、種明かしをしてもらって初めて「あ~なんだぁ」と思う事ってありませんか?

子供の中学受験の時に塾の先生から言われた事なのですが、5分考えてもできなかった問題に関しては、答えを子供に見せて下さいと。それでも分からなかった問題はまだ分かっていない問題。答えを見て分かった問題は何回かそれを繰り返すうちに「そうだった!分かった!」と本当の理解につながると。

このやり方を実践したところ、時間短縮や親子共にイライラの時間が減り、子供がペーパー学習を嫌がらなくなりました。

お子様に合う合わないはあるかもしれませんが、こんな状況になって困った時に一度試してみて下さいね。

まなびやでは、小学校受験に必要なペーパー学習の各分野について基礎から応用まで5000題ご用意しております。

それは全てご自宅でプリントアウト出来、繰り返し学習が出来ます。問題につまづいた時に理解促進に役立つ、問題解説動画も各問題ごとにご用意しております。

また、本番と同じ様に問題を音声で読み上げる音声対応もしておりますので、是非ご活用下さい。

検索

最近の投稿

月額サービスは各種パソコン、スマートフォン、タブレットよりご利用になれます。

パソコンでもご利用できます。

タブレットでもご利用できます。

スマホでもご利用できます。