お雛祭り | まなびや

お雛祭り

2016-02-26   2016-08-01

ひな人形をお持ちの方はもう飾られましたか?

我が家でも先週飾りました。
お子様が男の子という方も楽しめるひな祭りの過ごし方をご紹介します。

ひな祭りの由来
ひな祭りはなんでするの?とお子様に聞かれたらどう答えますか?
そんな時の為にざっとおさらいしておきましょう!

もともとは、性別や年齢に関わらず、災いを払い健康を願い、人形を川に流すという行事から始まり、
人形を飾り女の子の成長を祝う日として変化したとの事。
菱餅の三色には意味があり、ピンクは桃の花の色、白は雪、緑は草の色と言われています。

この三色を重ねる事で、桃の花が咲く頃に残雪の下に緑が芽吹いている春の訪れと、健やかな成長を祝うという意味が込められているのですね。

現在でも流し雛を行事として行っているところがあります。

鳥取県用瀬町→旧暦の3月3日に行われる為、今年は4月9日

浅草隅田川→2月28日(残念ながら参加は2月8日に締め切っている様です)

この様な行事に参加したり、見学してみるのも良いですよね!

家で出来るひな祭りの楽しみ方

1. ひな人形を工作で作る
2. 桃の花を飾る
3. ちらし寿司を作る
4. ひな祭りの歌を一緒に歌う
5. ひな祭りに関しての絵本を読む

我が家では、図書館で「なぜおひなさまをかざるの?」という紙芝居をかりてきて、読んであげました。

ひな人形の工作も、紙皿や牛乳パック、紙コップやモール等々、工作に使える材料を揃えてあげて、
親も子供も好きな様に自由に作ってみようと作成しました。

ペーパー学習だけではなく、その季節を感じる事はとても大切ですし、お子様の記憶に残ります。お子様と一緒に春の行事を楽しんで下さいね。

まなびやでは、現在スケールアップを目指し、問題を多数作成しております!

ご入会頂きますと様々な分野の問題を全てご自宅でプリントアウトし、繰り返し学習して頂けます。問題の解き方動画もご用意しておりますので、併せてご活用下さい。

検索

最近の投稿

月額サービスは各種パソコン、スマートフォン、タブレットよりご利用になれます。

パソコンでもご利用できます。

タブレットでもご利用できます。

スマホでもご利用できます。