寒い冬を楽しむ2 | まなびや

寒い冬を楽しむ2

2016-02-19   2016-08-01

今週も冬の過ごし方についてお話します。

理科的常識の観点も入った外遊びをご紹介しますね。
寒いとどうしても家の中で暖房をつけますし、暑いとクーラーをつけますし、1年中快適な部屋の中で日々過ごしていますが、お子様に是非この時期に冬の寒さを体感させましょう。
日が当たる日なたと、当たらない日陰ではもちろん暖かさが違いますよね。

それを体感してみましょう。日陰にしばらくいて、日なたに出てみると、冬でも太陽の暖かさを感じる事が出来ます。また、鉄棒・石・砂・木等をさわってみると、日陰と日なたの違いを肌で感じる事が出来、また物によっても熱の伝わり方の違いも一緒に発見・体感しましょう!

懐かしのあの遊びも冬になる手袋を使って母が作ってくれた人形でよく遊んでいたのを思い出し、子供にも作ってあげると・・意外にも好評で車での移動中などによく人形遊びをしていました。

冬に手袋を持って出かける時期限定の遊びなので、やってみてはいかかでしょうか?

手袋の人形は、
1.片方の手袋は親指だけを引っ込めます。もう片方はひっくり返し、指の部分が出ない様にします。

2.両手を重ね合わせて、すべてひっくり返した方の手袋の真ん中部分を、もう片方の手袋の人差し指と、小指で結びます。

3.ひっくり返した手袋の手首の部分で、覆うと帽子をかぶった人形の出来上がりです。

以下のサイトで、画像付きで紹介していますので、参考にされて下さい。
matome.naver.jp/odai/2142001546917380401

まなびやでは、理科的常識の分野においても、実験動画でお子様に分かりやすく説明を行っております。動画の視聴は会員になって頂きますと、お好きな時に繰り返しご視聴頂けます。

ペーパー学習の理解促進にお役立て下さい。

検索

最近の投稿

月額サービスは各種パソコン、スマートフォン、タブレットよりご利用になれます。

パソコンでもご利用できます。

タブレットでもご利用できます。

スマホでもご利用できます。