幼児教室の選び方 | まなびや

幼児教室の選び方1

2016-01-29   2016-08-01

今回は幼児教室の選び方をお話します。

幼児教室は大きく分けますと、大手幼児教室と個人のお教室とに分けることが出来ます。

大手幼児教室の良い点は、情報量がある事だと思います。

何校かお教室がある大手は合格者からの情報が多数集まりますし、場合によってはそのお教室に学校から先生が出向いてらして、簡単な説明会を開いてくれる場合もあります。

即ち、学校の先生と直接会話をするチャンスにもなりますし、その学校についてのノウハウがふんだんにある訳です。

マイナス点としては、入会金や月謝が高額な事でしょうか。あるお教室は入会金10万円に加え、毎月ペーパー学習、体操、絵画など全てそちらの塾で講座をとった場合は月に10~15万円、夏期講習などは別途という費用がかかります。

個人塾は、情報量は大手に劣るものの、先生の長年培った指導力は大手に匹敵するものがあります。

我が家は個人塾でしたが、先生から「〇〇さんにはこの学校が合うわよ。」と助言され、全く考えていなかった学校を受験したら見事合格!

本人のカラー、入試の出題傾向が得意問題であった事、親のカラーが合っているという様々な裏付けから、勧めて下さっていました。

費用の面では様々あるかと思いますが大手に比べると安価な場合が多いと思います。

ただ、個人の教室に通う方の多くは、絵画や体操はまた別の教室に通っている場合が多いので、今日はこちら、明日はあちらといろいろな場所への送り迎えが生じます。

ですが、全てを同じお友達と受けるよりは、行動観察の練習も兼ねて、様々なお友達と会う機会をと考えるとあながちマイナス面ばかりではない様にも思いますが・・

お母様の負担が増える場合もありますよね。

まなびやでは、今回お話した塾の選び方など、ペーパー学習以外のご相談についても、お母様相談室を設けて承っております。

是非ご活用下さい!

次回も幼児教室の選び方PART2をお届けします。

検索

最近の投稿

月額サービスは各種パソコン、スマートフォン、タブレットよりご利用になれます。

パソコンでもご利用できます。

タブレットでもご利用できます。

スマホでもご利用できます。