お正月の過ごし方 | まなびや

お正月の過ごし方

2015-12-18 

少し早いですが、今回はお正月の過ごし方をお話しましょう。

年長のお正月には、受験期を終えている事もあり、実際にお正月を経験出来る機会というのは、年少・年中時の2回となります。  知識としての「お正月」ではなく、実際に体験する事がお子様にとって非常に大事な事です。

私の実践した事をお知らせしますね。

・お正月飾りを飾ろう
門松・しめ縄・鏡餅を実際に飾ってお子様に見せてあげましょう。意味も教えてあげると良いですね。

・お正月ならではの食べ物を食べよう
おとそ・おせち料理・お雑煮などを準備しましょう。      お正月に食べる食事は、新しい年を健やかに過ごす事が出来る様に、家族の繁栄を願う縁起物として願いが込められている物が色々とありますよね。おせち料理の入った重箱を見ながら、1つ1つのお料理に込められた意味を教えてあげて下さい。おとそは形だけですが、銚子と盃を準備しました。

・日本の伝統的な遊びをしよう
羽根つき・凧揚げ・コマ回し・カルタ・福笑い・すごろくなど古くから伝わる日本の遊びをやってみましょう!

福笑いはお子様と一緒にオリジナルのものを作ってやってみるのも楽しいですよ。お正月にしておきたい事をまとめました。初詣に行ったり、日本の伝統的なものにふれるチャンスですので、お子様と楽しまれて下さいね。

まなびやでは、頻出言葉というカテゴリーで、小学校受験に頻出する700語を実物の映像付きで解説しております。「イヌ」「ひまわり」等の代表的な言葉から、 「ちょうちん」「天秤」など日常生活では馴染みのないものまで網羅されていますので、是非ご活用下さい。

本年度もまなびやをご利用頂き、ありがとうございました。今年のブログはこの記事までとなり、ブログ再開は1月22日となります。新年度も少しでも皆様のお役にたてるブログを発信して参りたいと存じております。

また引き続きまなびやを宜しくお願い致します。少し早いですが、良いお年をお迎えください。

検索

最近の投稿

月額サービスは各種パソコン、スマートフォン、タブレットよりご利用になれます。

パソコンでもご利用できます。

タブレットでもご利用できます。

スマホでもご利用できます。