クリスマスの過ごし方 | まなびや

冬至・クリスマス

2015-12-11 

12月に入り、もう2週目。一年あっという間に過ぎていく様に感じてしまいます。

冬至・クリスマスについてお話ししますね。

今月22日は冬至ですね。一年のうちで最も夜が長く、昼が短い日です。冬至といえばかぼちゃとゆず湯です。我が家の冬至の過ごし方をお知らせしますね。かぼちゃの料理というと煮つけを思い出しますが、我が家では和食にこだわらず、子供と一緒に作れるかぼちゃメニューを作っていました。

かぼちゃのサラダや、かぼちゃのグラタン、パンプキンパイなどなど。蒸したかぼちゃを子供に潰してもらったり、一緒に調理して食す事で、ぐっと記憶に残ります。また、ゆず湯に使うゆずも、子供達に任せます。子供達に洗ってもらい、ネットに入れて口をゴムで縛って準備は完了!ゆず湯に入りながら、かぼちゃを食べる意味、ゆず湯に入るのは何でだと思う?かぼちゃは、どの様に実がなるか知ってる?などなど、お子様との会話を広げて下さい。

クリスマス、
我が家の子供達は、カトリックの教えを取り入れている幼稚園に通っていました。この時期おゆうぎ会では聖劇の演目があったり、クリスマスのミサもありましたので、自宅で特別に意識しなくても、イエス様の降誕の日をお祝いするという事を子供達が率先して行っていました。

クリスマスというと子供はプレゼントとケーキに意識がいきがちですが、行事の意味をしっかりと教えてあげたいですね。

ケーキも幼児教室の先生から、ショートケーキはやめておきましょうと言われました。なぜなら、イチゴは春の果物なので、12月にイチゴののったケーキを食べてしまうと、イチゴを冬の果物だと思ってしまうからとの事でした。なので、ブッシュドノエル等のケーキを準備していました。

キリスト教系の幼稚園にお通いでない方は地域の教会のクリスマスミサに参加されてはどうでしょうか?普段からその教会に通っていなくても、参加出来る事が多いです。

厳かな雰囲気の中、お子様を連れていらっしゃる事は躊躇されるかもしれませんが、その場の空気をよんでいるのか意外と騒ぐお子さんはいらっしゃいませんでしたよ。特にキリスト教系の学校を希望されている方は参加されると良いかと思います。

まなびやでは、様々なお悩みや質問に答えさせて頂くお母様相談室を設けております。様々な媒体から情報を得る事が出来ますが、まなびやでは小学校受験を経験したスタッフがお客様の質問に1つ1つ丁寧にお応えさせて頂いております。

是非ご活用下さい。

検索

最近の投稿

月額サービスは各種パソコン、スマートフォン、タブレットよりご利用になれます。

パソコンでもご利用できます。

タブレットでもご利用できます。

スマホでもご利用できます。