母親が働いていると受験には不利? | まなびや

母親が働いていると受験には不利?

2015-12-04   2015-12-11

母親が働いているという事は受験にとって不利になりますか?と聞かれる事があります。

答えは合否にはあまり関係がないと思います。

面接時での受け答え、入学後の心構え等をお話しします。

・お母様が働いている意味、働いている上で大切になさっている事を明確に
・共働きの場合、お子様との時間をどの様に捻出しているか
・入学後の保護者会や、学校行事についてどの様な形で参加するつもりか

まず、お母様が働いている意味に関しては、例えば「家計を支える為に私が働く必要があります」と答えた場合、本当にそうであったとしても、授業料を納めてもらう学校側としては考慮に値する側面も無きにしも非ずと・・思いますので、お仕事をされている上でやりがいにつながっている点など、話せる様にご準備下さい。

お子様との時間に関しては、忙しい中にもお子様と共有する時間を持ち、その工夫をしている点を具体的にお話ししましょう。
例えば、お子様が縄跳びができないので、毎朝出勤前に一緒に練習しているだとか、寝る前には両親どちらかが本を読んで、お互いに感想を言い合う様にしているなど、日々お子様の為に向き合っている時間を具体的に話せる様にしましょう。

入学してからは、平日に学校に足を運ぶ機会がかなり多く、それをお父様や場合によっては祖父母等とどの様に協力しあって参加していく予定なのかを話せる事も大切です。
「出来るだけ出る様にしますが、仕事があってどうしても出られない場合は申し訳ないですが欠席させて頂くこともやむをえないと思っています」などと答えるのは禁句です。
学校と共にお子様の教育に携わっていく気持ちが薄いご家庭は、敬遠されがちです。お母様が生き生きとお仕事されている姿はお子様にプラスの影響を与える事も多いかと思います。

上記の事を念頭に学校へお話出来る様にご準備下さいね。

まなびやでは、お子様とお母様で一緒にご覧頂ける、問題の解き方動画を200本ご用意させて頂いております。
また、それと連動した練習問題が4000問あり、ご自宅でいつでもお好きな時にプリントアウトしてお使い頂けます。是非お役立て下さい。

検索

最近の投稿

月額サービスは各種パソコン、スマートフォン、タブレットよりご利用になれます。

パソコンでもご利用できます。

タブレットでもご利用できます。

スマホでもご利用できます。