あいさつが出来るお子様に | まなびや

あいさつが出来るお子様に

2015-11-20   2015-12-11

私立の合否が出そろい、残すところ数校の国立小の試験だけとなりました。秋が深まる中、最後まで体調を整えて臨まれて下さいね。

今回は「挨拶」についてお話したいと思います。

お子様は自分から率先して挨拶が出来ますか?

小学校受験にとって基本であり、とても大切な要素と言えるでしょう。挨拶ひとつで、そのご家庭の躾のあり方、お子様のコミュニケーション能力や協調性を見る事が出来ます。

我が家の子供達は引っ込み思案で、初対面の方には特に自分から挨拶するのが苦手でした。どうしたら、しっかりと挨拶してくれる様になるのか考えました。

挨拶は「挨拶する環境にあるか」で出来る様になるか、大きく左右します。

まずは大人が率先して挨拶している姿を見せましょう。急に出来る様になるものではないと考えて、その場その場で自ら丁寧にあいさつする事を心掛けました。母親だけが取組むのではなく、主人も一緒に家族皆で取り組みました。挨拶しない人がいると、「お父さんはしていないから、しなくてもいいんだ」と子供は思ってしまいます。

皆で当たり前の様に挨拶をする環境をつくる事が大切です。   大きな声で進んで挨拶が出来たら、褒めてあげる事も忘れずに。 挨拶する事は気持ちの良い事なんだと実感させてあげるのも大切ですね。

子供が通っていた幼稚園では、毎朝園長先生が門のところでお出迎えをして下さっていました。ご挨拶する為に列に並び、毎朝先生にご挨拶しました。どんなに小さな声でもきちんとお辞儀をして挨拶をする事を大切にして下さっていた先生のおかげもあり、子供達は「挨拶をする」という習慣がついたのだと思います。

幼稚園でなくても、近所にお住いの方や、お友達やお友達のお母様、習い事の先生等、様々な場面で挨拶をする事を心掛けてみましょう。

まなびやでは、受験全般のお悩みやお母様方からの様々な疑問や不安にお応えするお母様相談室を設けております。どうぞご活用下さい。

検索

最近の投稿

月額サービスは各種パソコン、スマートフォン、タブレットよりご利用になれます。

パソコンでもご利用できます。

タブレットでもご利用できます。

スマホでもご利用できます。