一人での登下校 | まなびや

一人での登下校

2016-04-22   2016-06-18

来週から、ゴールデンウィークに入りますね。

4月にご入学された方々は、ようやく通学に慣れてきた頃でしょうか?

ゴールデンウィーク明けには1人で通われるお子様が多くなるのではないかと思います。

今一度、登下校中の注意事項を確認しましょう。

公共のマナーや通学路の確認はもちろんですが、緊急時の対処もしっかりと教えなくてはなりません。

いざという時にどの様な心構えが必要なのでしょうか?

3・11の地震の際の体験談をここで共有させて頂きますね。

その日、下校時間の早い低学年の生徒は既に学校を出ており、下校途中で地震にあいました。

電車は止まり、更には駅の構内からも出る様にアナウンスが入ったとの事。

子供達は学年を越えて同じ学校の子供を探し合い、その場を動かず駅の外でまとまっていたそうで。そこの最寄り駅にお住まいだった保護者が心配して駅に行ったところ、ご自身のお子様を含めて同じ学校の子供達と会う事が出来たため、全員を自宅へ連れて帰ってくれたという例や。

1人で下校していた生徒は、避難しようとしていた大人が声をかけてくれて、最寄りの避難所まで連れて行ってくれたという事例もありました。

心構えといってもその時起こりうる災害の規模も種類も予想できるものではもちろんありません。家族内でどの様な行動をするのか話し合った約束事や、緊急時の連絡先をいくつかメモに書いて持たせておく事も大切ですよね。

災害だけではなく、お子様が1人での登下校をするまでに確認しておきたい事とは何でしょうか。

公衆電話の場所や、どうしてもトイレに行きたくなった時のトイレの場所も確認したいですね。トイレも出来るだけ人の目があり、子供が1人で使用しても危なくない場所を探して教えておく必要があります。

混んでいる電車でお子様が「降りたい」と声をかけても、周りの大人、皆が道をあけてくれるわけではありません。ですから、比較的混んでいない車両・時間を選んで乗せる事や、座っている場合は目的地に着く前から降りる準備をするなども教えましょう。

実際に我が家では座った子供が寝てしまい、乗り過ごしてしまった事がありました。

その際はGPSが全く違う場所をさしていて何があったのか?と本当に焦りました。

乗り換えが分からなかったら駅員さんに声をかけて目的地を言うという練習を家でしていた為、駅員さんがサポートして下さり目的地へ着いたのですが。

子供が1人で通うという事は本当に予期しない事が起こるという事を念頭にあらゆるケースについて話をしておくと良いですよね。

まなびやでは小学校受験全般においてお母様方のサポートをさせて頂くべく、サイト運営を行っております。

こんなサービスがあったらいいのに・・等、皆さまのお声をお待ちしております。

ゴールデンウィークに伴い、4月29日、5月6日のブログ更新をお休みさせて頂きます。

次回は5月13日です。

 

<まなびやの小学校受験ブログ>

検索

最近の投稿

月額サービスは各種パソコン、スマートフォン、タブレットよりご利用になれます。

パソコンでもご利用できます。

タブレットでもご利用できます。

スマホでもご利用できます。